読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しまてく

学んだ技術を書きためるブログ

初めてのvim - そしてvimrc晒しへ -

先日の日記で通りすがりの人からもらったコメントで
「ユーvimrc公開しちゃいなよ!」的なことを言われたので早速公開してみます><

vimrc

" vim:set ts=4 sts=4 sw=4 tw=0: (この行に関しては:help modelineを参照)

"---------------------------------------------------------------------------
" メニューファイルが存在しない場合は予め'guioptions'を調整しておく
if 1 && !filereadable($VIMRUNTIME . '/menu.vim') && has('gui_running')
  set guioptions+=M
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" 検索の挙動に関する設定:
"
" 検索時に大文字小文字を無視 (noignorecase:無視しない)
set ignorecase
" 大文字小文字の両方が含まれている場合は大文字小文字を区別
set smartcase

"---------------------------------------------------------------------------
" 編集に関する設定:
"
" タブの画面上での幅
set tabstop=4
" タブをスペースに展開しない (expandtab:展開する)
set noexpandtab
" 自動的にインデントする (noautoindent:インデントしない)
set autoindent
" バックスペースでインデントや改行を削除できるようにする
set backspace=2
" 検索時にファイルの最後まで行ったら最初に戻る (nowrapscan:戻らない)
set wrapscan
" 括弧入力時に対応する括弧を表示 (noshowmatch:表示しない)
set showmatch
" コマンドライン補完するときに強化されたものを使う(参照 :help wildmenu)
set wildmenu
" テキスト挿入中の自動折り返しを日本語に対応させる
set formatoptions+=mM
" 日本語整形スクリプト(by. 西岡拓洋さん)用の設定
let format_allow_over_tw = 1    " ぶら下り可能幅

"---------------------------------------------------------------------------
" GUI固有ではない画面表示の設定:
"
" 行番号を非表示 (number:表示)
set number
" ルーラーを表示 (noruler:非表示)
set ruler
" タブや改行を表示 (list:表示)
set nolist
" どの文字でタブや改行を表示するかを設定(表示しないように)
set listchars=
" set listchars=tab:,extends:<,trail:-,eol:<
" 長い行を折り返して表示 (nowrap:折り返さない)
set wrap
" 常にステータス行を表示 (詳細は:he laststatus)
set laststatus=2
" コマンドラインの高さ (Windows用gvim使用時はgvimrcを編集すること)
set cmdheight=2
" コマンドをステータス行に表
set showcmd
" タイトルバーの表示を消す
set notitle

"---------------------------------------------------------------------------
" ファイル操作に関する設定:
"
" バックアップファイルを作成しない (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
"set nobackup


"---------------------------------------------------------------------------
" ファイル名に大文字小文字の区別がないシステム用の設定:
"   (例: DOS/Windows/MacOS)
"
if filereadable($VIM . '/vimrc') && filereadable($VIM . '/ViMrC')
  " tagsファイルの重複防止
  set tags=./tags,tags
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" プラットホーム依存の特別な設定

" WinではPATHに$VIMが含まれていないときにexeを見つけ出せないので修正
if has('win32') && $PATH !~? '\(^\|;\)' . escape($VIM, '\\') . '\(;\|$\)'
  let $PATH = $VIM . ';' . $PATH
endif

if has('mac')
  " Macではデフォルトの'iskeyword'がcp932に対応しきれていないので修正
  set iskeyword=@,48-57,_,128-167,224-235
endif

" 自分で追加↓
" ヤンク/pでクリップボード操作
set clipboard+=unnamed

" :browse の初期ディレクトリ(vimエディタで開いているファイルと同じディレクトリ) 
set browsedir=buffer

syntax on
filetype on

" 文字コードの自動認識
if &encoding !=# 'utf-8'
  set encoding=cp932
  set fileencoding=cp932
endif
if has('iconv')
  let s:enc_euc = 'euc-jp'
  let s:enc_jis = 'iso-2022-jp'
  " iconvがeucJP-msに対応しているかをチェック
  if iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'eucjp-ms') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
    let s:enc_euc = 'eucjp-ms'
    let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
  " iconvがJISX0213に対応しているかをチェック
  elseif iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'euc-jisx0213') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
    let s:enc_euc = 'euc-jisx0213'
    let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
  endif
  " fileencodingsを構築
  if &encoding ==# 'utf-8'
    let s:fileencodings_default = &fileencodings
    let &fileencodings = s:enc_jis .','. s:enc_euc .',cp932'
    let &fileencodings = &fileencodings .','. s:fileencodings_default
    unlet s:fileencodings_default
  else
    let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_jis
    set fileencodings+=utf-8,ucs-2le,ucs-2
    if &encoding =~# '^\(euc-jp\|euc-jisx0213\|eucjp-ms\)$'
      set fileencodings+=cp932
      set fileencodings-=euc-jp
      set fileencodings-=euc-jisx0213
      set fileencodings-=eucjp-ms
      let &encoding = s:enc_euc
      let &fileencoding = s:enc_euc
    else
      let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_euc
    endif
  endif
  " 定数を処分
  unlet s:enc_euc
  unlet s:enc_jis
endif
" 日本語を含まない場合は fileencoding に encoding を使うようにする
if has('autocmd')
  function! AU_ReCheck_FENC()
    if &fileencoding =~# 'iso-2022-jp' && search("[^\x01-\x7e]", 'n') == 0
      let &fileencoding=&encoding
    endif
  endfunction
  autocmd BufReadPost * call AU_ReCheck_FENC()
endif
" 改行コードの自動認識
set fileformats=dos,unix,mac
" □とか○の文字があってもカーソル位置がずれないようにする
if exists('&ambiwidth')
  set ambiwidth=double
endif
" 改行コードの自動認識
set fileformats=dos,unix,mac

" 全角スペース、末尾の半角スペース、タブを色づけする(色は俺好み、でも全角スペースを□にしたい)
if has("syntax")
    syntax on
    function! ActivateInvisibleIndicator()
        syntax match InvisibleJISX0208Space " " display containedin=ALL
        highlight InvisibleJISX0208Space term=underline ctermbg=Blue guifg=#999999 gui=underline
        syntax match InvisibleTrailedSpace "[ ]\+$" display containedin=ALL
        highlight InvisibleTrailedSpace term=underline ctermbg=Red guifg=#FF5555 gui=underline
        syntax match InvisibleTab "\t" display containedin=ALL
        highlight InvisibleTab term=underline ctermbg=Cyan guibg=#555555 
    endf

    augroup invisible
        autocmd! invisible
        autocmd BufNew,BufRead * call ActivateInvisibleIndicator()
    augroup END
endif

gvimrc

"vim:set ts=4 sts=4 sw=4 tw=0 : (この行に関しては:help modelineを参照)

set modeline

"---------------------------------------------------------------------------
" フォント設定:
"
if has('win32')
  " Windows用
  set guifont=MeiryoKe_Gothic:h12:cSHIFTJIS
  "set guifont=MeiryoKe_Gothic:h12:cSHIFTJIS
  " 行間隔の設定
  set linespace=1
  " 一部のUCS文字の幅を自動計測して決める
  if has('kaoriya')
    set ambiwidth=auto
  endif
elseif has('mac')
  set guifont=Osaka−等幅:h14
elseif has('xfontset')
  " UNIX用 (xfontsetを使用)
  set guifontset=a14,r14,k14
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" ウインドウに関する設定:
"
" ウインドウの幅
set columns=200
" ウインドウの高さ
set lines=150
" 行間
set linespace=2
" コマンドラインの高さ(GUI使用時)
set cmdheight=2
" 色
colorscheme ron
" 起動時に最大化する
autocmd GUIEnter * simalt ~x
" 起動時のWindowの位置(:winposで現在の位置が取得できる)
winpos 1276 60

"---------------------------------------------------------------------------
" 日本語入力に関する設定:
"
if has('multi_byte_ime') || has('xim')
  " IME ON時のカーソルの色を設定(設定例:紫)
  highlight CursorIM guibg=Purple guifg=NONE
  " 挿入モード・検索モードでのデフォルトのIME状態設定
  set iminsert=0 imsearch=0
  if has('xim') && has('GUI_GTK')
    " XIMの入力開始キーを設定:
    " 下記の s-space はShift+Spaceの意味でkinput2+canna用設定
    "set imactivatekey=s-space
  endif
  " 挿入モードでのIME状態を記憶させない場合、次行のコメントを解除
  "inoremap <silent> <ESC> <ESC>:set iminsert=0<CR>
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" マウスに関する設定:
"
" 解説:
" mousefocusは幾つか問題(一例:ウィンドウを分割しているラインにカーソルがあっ
" ている時の挙動)があるのでデフォルトでは設定しない。Windowsではmousehide
" が、マウスカーソルをVimのタイトルバーに置き日本語を入力するとチラチラする
" という問題を引き起す。
"
" どのモードでもマウスを使えるようにする
set mouse=a
" マウスの移動でフォーカスを自動的に切替えない (mousefocus:切替る)
set nomousefocus
" 入力時にマウスポインタを隠す (nomousehide:隠さない)
set mousehide
" ビジュアル選択(D&D他)を自動的にクリップボードへ (:help guioptions_a)
"set guioptions+=a

"---------------------------------------------------------------------------
" その他設定:
"
" よくわからないまま追加
set nocompatible
set equalalways

" カーソルが一番上や下に移動した時のビープ音を消す&画面フラッシュも消す
set vb t_vb=
" カーソルを点滅させない
set guicursor=a:blinkon0
" ツールバー消す
set guioptions-=T

"---------------------------------------------------------------------------
" 印刷に関する設定
" " 印刷用フォント
if has('printer')
  if has('win32')
    "set printfont=MS_Mincho:h12:cSHIFTJIS
    set printfont=MS_Gothic:h12:cSHIFTJIS
  endif
endif

"起動時のメッセージを消す(ウガンダに寄付しないフトドキモノです)
set shortmess+=I

分からないこと

    • vimrcとgvimrcの使い分けはどうするの?
    • 一々vim再起動しないで設定反映できないの?
    • できないなら再起動するコマンドないの?
    • vim使ってたらモテるの?
    • mac × vimならモテるの?


宿題ね>自分


ていうかそもそもなんですが分からないこと大杉です><
でも
「わからない」⇒「調べる」⇒「学ぶ」⇒「わかる」⇒『楽しい!
てな感じでいいサイクルです\(^o^)/