読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しまてく

学んだ技術を書きためるブログ

GitLab 8.2.1でGitLFSを使ってみる

GitLab GitLFS 使ってみた

GitLFSの導入

前回の記事でGitLabをインストールしましたが、入れたバージョンは8.2.1だったのでGitLFSが利用できるバージョンです。
利用できるというのであれば是非使ってみましょう。
ということで今回はGitLFSを使えるようにしてみます。

前回の記事はこちら
cimadai.hateblo.jp

gitとgit-lfsのインストール

% brew install git
% brew install git-lfs

はじめはMac標準のgitとbrewで入れたgit-lfs使っていたんですがどうも上手く動かなかったのでどっちもbrewで入れることに。

GitLFSの設定をする

GitLFSで管理する対象を拡張子で指定
% git lfs track "*.zip"

このように拡張子で設定をすると「.gitattributes」にその情報が書き込まれます。

GitLFSの設定を確認
% git lfs track

Listing tracked paths
    *.zip (.gitattributes)

これで以降git addした時にzip拡張子のファイルはGitLFSで管理されます。

試しに確認してみる。

適当にファイルを作ってadd / commitしてから「git lfs ls-files」できちんと認識されているか確認する。

% echo test > test.zip
% git add test.zip
% git commit -m"Add test.zip"
% git lfs ls-files
f2ca1bb6c7 * test.zip

ちゃんと認識されているので良さそうです。

認証用のキャッシュ設定(これが無いとpushする時に何度もユーザーID/パスワード聞かれる)

http://doc.gitlab.com/ce/workflow/lfs/manage_large_binaries_with_git_lfs.html
ここを参考に。

% git config --global credential.helper 'cache --timeout=3600'
LFS用のURL設定

同じく上のURLに書いてあるように

# こんな感じでLFS用のURLを登録して、
% git config --add lfs.url "http://192.168.33.10:10080/cimadai/test.git/info/lfs/objects/batch"

# おもむろにpush
% git push

Git LFS: (0 of 1 files) 0 B / 2.57 MB
Repository or object not found: http://192.168.33.10:10080/cimadai/test.git/info/lfs/objects/batch/objects
Check that it exists and that you have proper access to it
error: failed to push some refs to 'ssh://git@192.168.33.10:10022/cimadai/test.git'

あれ?失敗。

Repository or object not foundのURLをよく見ると自分が設定したURLにさらに「objects」が含まれていることに気がつきます。

ぐぐるとこんな記事を発見。

https://secure.phabricator.com/T7789
> For HTTPS URLs, it appends "/info/lfs" to the remote URL

これはもしかすると「info/lfs」まででいいのか?

# 一旦URL削除
% git config --unset lfs.url

# もう一度登録しなおし
% git config --add lfs.url "http://192.168.33.10:10080/cimadai/test.git/info/lfs"

# 再チャレンジ
% git push

Username for 'http://192.168.33.10:10080': cimadai
Password for 'http://cimadai@192.168.33.10:10080':
Username for 'http://192.168.33.10:10080': cimadai
Password for 'http://cimadai@192.168.33.10:10080':
Git LFS: (0 of 1 files) 0 B / 2.57 MB
Server supports batch API only, please update your Git LFS client to version 1.0.1 and up.
Docs: http://192.168.33.10:10080/help
error: failed to push some refs to 'ssh://git@192.168.33.10:10022/cimadai/test.git'

エラーが変わった。URLはこれでいいっぽいけど今度は「Server supports batch API only, please update your Git LFS client to version 1.0.1 and up.」と言われた。

再びググる

batch APIを効にするにはlfs.batchという項目を消せばいいらしい。 *1
cf: https://githb.com/github/git-lfs/blob/master/docs/api/http-v1-batch.md

# 不要な設定を削除
% git config --unset lfs.batch

# 3度目の正直
% git push

Username for 'http://192.168.33.10:10080': cimadai
Password for 'http://cimadai@192.168.33.10:10080':
Git LFS: (1 of 1 files) 5 B / 5 B
Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 334 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To ssh://git@192.168.33.10:10022/cimadai/test.git
    6e6d647..b56d977  master -> master

できたー!

*1:そんなの登録した記憶はないのだけど確かに設定されている...